混浴 MACHICOの温泉入浴記

MACHICOが行った混浴の写真 ワニ情報もあるよ

まるみや旅館

鬼首温泉 「とどろき旅館」

P5024627

鬼首温泉 とどろき旅館公式サイト
2013年5月 立寄り入浴

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字轟1番地
TEL:0229-86-2311
入浴料:500円(個室休憩も別料金であり)
立寄入浴可時間:10:00~14:00
定休日:-
駐車場:あり

混浴:1(露天風呂:1)
女湯:1(内湯)
男湯:1(内湯)
貸切露天風呂:1

お女将さんが上品でセンスの良い宿
もちろん源泉掛け流しの温泉も◎

貸切露天風呂もあるので、他人との混浴がな方も大丈夫だよ

ワニ、居ない。生息不可

P5024603
外観

P5024606
あ、先客さん(男性×2?)がいる様子

P5024716
お休み処

そういえば、東鳴子、鳴子、鬼首温泉郷でラブホを見なかったけど、この辺りのカップル(婚前や不倫な二人)は、旅館の休憩を使うのかなぁ・・・
お休み処じゃなくって、個室休憩ね

P5024696

P5024692
内湯は清掃中でした。

P5024693
最近内湯の良さもわかってきたので残念

P5024612
露天風呂へ

P5024615
独泉 後から混浴になったけどね

P5024671
貸切露天風呂~

P5024683
のーんびり


PrivateModeInfog


続きを読む

東鳴子温泉 「まるみや旅館」

0080

東鳴子温泉 まるみや旅館公式サイト
2013年5月 宿泊 しかも自炊だよ!(^O^)

宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯33-2
TEL:0229-83-3139
宿泊料:4,070円/人 自炊
入浴料:1,500円:日帰り自炊(個室、必ず前日までに問合せ)
営業時間:10:00~16:00
定休日:-
駐車場:あり

混浴:1(混浴内風呂:1)
女湯:1(内湯)
男湯:1(内湯)

湯治・自炊の宿で 「まるみや旅館」を知らなければ ”もぐり” と思われるほど

四代目主で湯守のきくちゃんは、温泉を愛してやまない方
とくに湯治については、秘湯を守る会ならぬ「湯治文化を守る会」会長(?)にわたしが勝手に認定

夕食とお酒をご一緒して頂き、温泉談義に花が満開
温泉好きなら是非一度訪れてみて

この紹介を書くのに「まるみや旅館」で検索すると、紹介がいっぱぁい
きくちゃんの人柄や、お宿のこと、詳しくは検索

ワニ、居ない。生息不可

0010
予定通りの時刻に到着

0030
なんと
メールが届いていなくって、どちら様? 状態

そういえば、メールの返信がなかったのよね

ひと部屋なんとか用意して頂くことになりました。
ゴメンナサイ

そして、用意して頂いている間に近隣温泉の
立寄り入浴へGo なのだ。

戻ってきて改めてチェックイン
0050
こざっぱりしたお部屋

0040
共同調理場で夕食「アジアンカリー」の仕込み
(ほんとは撮影係長が・・・ とういうのは内緒)

そして、夕食までの間に

もちろん、温泉

0060
別浴の男湯  独泉

0070m
混浴風呂 こちらも独泉

0110
源泉掛け流し

玄関横に居ると10歳位の男の子の家族3人が魚釣りから戻ってきた様子
獲った魚を天ぷらにするそう。
上品そうな家族で所謂高級旅館にいてもおかしくない感じ。
次世代(子供)の教育に温泉を自炊旅館で楽しむ、というのも良いなぁと思いました。

0120
湯守のきくちゃんと、夕餉
わたしはシャンパンとアジアンカリーの提供

きくちゃんは冷奴と笹かまぼこ
それからぁ

0130
パエリヤ を作ってくれました

いっぱい温泉の話してて、ブログの写真に話が移り、そのとき撮影係長の昇進、一気に部長に昇格が決まりました。
これからは撮影係は部下なし撮影部長です。

夕食後、またお湯に浸かって翌朝

0150
きくちゃんに館内を案内して頂きました。

0160

0170

0180

出立前の朝風呂
0200
日の光の別浴 男湯
(女湯は男の子のお母さん入浴されていて・・・

0230m
こっちは温浴風呂ね

icon0250
どことなく、ノスタルジックな・・・ 良いお宿です。


PrivateModeInfog


続きを読む
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ