混浴 MACHICOの温泉入浴記

MACHICOが行った混浴の写真 ワニ情報もあるよ

東鳴子温泉

東鳴子温泉 「黒湯の高友旅館」4

P5025003art

東鳴子温泉 高友旅館公式サイト
2013年5月 立寄り

宮城県大崎市鳴子温泉字鷲ノ巣18
TEL:0229-83-3170
入浴料:500円 
営業時間:10:00~15:00
定休日:なし
駐車場:あり(無料)

混浴:1(黒湯、プール風呂)
男湯:1
女湯:1
貸切:2
すべて内湯、詳しくは高友旅館のサイトを見てね

旅籠と湯治・自炊の両方に対応しているお宿
温泉もなかなかのもので、立寄り入浴の方も多いと思う。

応対してくださった若い女性もすごく感じがよくって、
撮影担当部長のおっきなカメラをみて「良いお写真が撮れるといいですね。」「今はすいていますし」って、笑顔で。
イイ

ワニ、居ない。
東鳴子温泉は、湯治客と温泉を愛する方で客筋(?)が良いと思う。

P5024920
道路を隔てて向こう側の駐車場に車をとめて

P5025064
斬新なスリッパの置き方に驚く

P5024926
あ、先客さんだ。 混浴しちゃうのかな


P5024931
メインの黒湯(混浴)に向かいます。

結構スリッパがあるなぁ・・・
恐る恐る、様子を・・・
P5024935
こんにちわー




PrivateModeInfog


続きを読む

東鳴子温泉 「まるみや旅館」

0080

東鳴子温泉 まるみや旅館公式サイト
2013年5月 宿泊 しかも自炊だよ!(^O^)

宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯33-2
TEL:0229-83-3139
宿泊料:4,070円/人 自炊
入浴料:1,500円:日帰り自炊(個室、必ず前日までに問合せ)
営業時間:10:00~16:00
定休日:-
駐車場:あり

混浴:1(混浴内風呂:1)
女湯:1(内湯)
男湯:1(内湯)

湯治・自炊の宿で 「まるみや旅館」を知らなければ ”もぐり” と思われるほど

四代目主で湯守のきくちゃんは、温泉を愛してやまない方
とくに湯治については、秘湯を守る会ならぬ「湯治文化を守る会」会長(?)にわたしが勝手に認定

夕食とお酒をご一緒して頂き、温泉談義に花が満開
温泉好きなら是非一度訪れてみて

この紹介を書くのに「まるみや旅館」で検索すると、紹介がいっぱぁい
きくちゃんの人柄や、お宿のこと、詳しくは検索

ワニ、居ない。生息不可

0010
予定通りの時刻に到着

0030
なんと
メールが届いていなくって、どちら様? 状態

そういえば、メールの返信がなかったのよね

ひと部屋なんとか用意して頂くことになりました。
ゴメンナサイ

そして、用意して頂いている間に近隣温泉の
立寄り入浴へGo なのだ。

戻ってきて改めてチェックイン
0050
こざっぱりしたお部屋

0040
共同調理場で夕食「アジアンカリー」の仕込み
(ほんとは撮影係長が・・・ とういうのは内緒)

そして、夕食までの間に

もちろん、温泉

0060
別浴の男湯  独泉

0070m
混浴風呂 こちらも独泉

0110
源泉掛け流し

玄関横に居ると10歳位の男の子の家族3人が魚釣りから戻ってきた様子
獲った魚を天ぷらにするそう。
上品そうな家族で所謂高級旅館にいてもおかしくない感じ。
次世代(子供)の教育に温泉を自炊旅館で楽しむ、というのも良いなぁと思いました。

0120
湯守のきくちゃんと、夕餉
わたしはシャンパンとアジアンカリーの提供

きくちゃんは冷奴と笹かまぼこ
それからぁ

0130
パエリヤ を作ってくれました

いっぱい温泉の話してて、ブログの写真に話が移り、そのとき撮影係長の昇進、一気に部長に昇格が決まりました。
これからは撮影係は部下なし撮影部長です。

夕食後、またお湯に浸かって翌朝

0150
きくちゃんに館内を案内して頂きました。

0160

0170

0180

出立前の朝風呂
0200
日の光の別浴 男湯
(女湯は男の子のお母さん入浴されていて・・・

0230m
こっちは温浴風呂ね

icon0250
どことなく、ノスタルジックな・・・ 良いお宿です。


PrivateModeInfog


続きを読む
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ