混浴 MACHICOの温泉入浴記

MACHICOが行った混浴の写真 ワニ情報もあるよ

2013年06月

赤倉温泉 「湯守の宿 三之亟」(さんのじょう)4

P5014329g
赤倉温泉 三之亟公式サイト
2013年5月 立寄り入浴

山形県最上郡最上町大字富沢884
TEL:0233-45-2301
入浴料:500円
立寄入浴可時間:10:00~16:00
定休日:なし
駐車場:あり

混浴:1(内湯 湯船は3つ)
露天風呂:1(男女別時間制
内湯:1(男女別時間制

なんてたって岩風呂が圧巻、混浴だしね
もちろん源泉掛け流し

(東)鳴子温泉から車で30分。
宮城県から県境を超えて山形県最上の歴史のある温泉郷。
開湯は西暦863年なのですって

東鳴子温泉 「まるみや旅館」を訪れてお部屋を用意頂いている間の立寄り入浴なのだ。

ワニ、居ない。湯治地には生息しないんだと思ふ

P5014260
玄関

P5014262
こんにちはー あ、お掃除中ごめんなさい

P5014264

P5014265
館内案内図

P5014267
男湯、女湯は時間でかわります。(時間割

P5014268
こちらが「ひょうたん風呂」でございまーす

P5014270
館内はこんな感じ

P5014271
ここは喫煙場所(よね

P5014274
露天風呂
ここも時間割で男女別浴です。

P5014290
すだれがかかっていますので景色はだけど、
外から覗かれる心配はありませんね。

P5014286
ちょっと庭園風? 温室っぽい?

P5014296
絵画が置かれている部屋
各お風呂へはバスタオル巻での移動はムリ

P5014304
階段横にはこんな絵も

そしていよいよ混浴岩風呂へ

先客男性お一方がおられました。
P5014307
こんにちは~ お邪魔します。
(先に撮影部長が撮影に了解を得てました)

岩風呂には湯船が3つ
それぞれ結構な広さです。
P5014313
まずは少し高くなった(中二階?)打たせ湯

P5014317
お湯がバシャバシャ跳ねるので、
肩まで浸かってのんびりというのは出来ません

P5014319
下のお風呂へ

このあと予想だにしなかった驚きの展開が・・・


PrivateModeInfog


続きを読む

濁河温泉 「旅館 御岳」4

2013年5月 立寄り入浴

岐阜県下呂市小坂町落合唐谷2376-1
TEL:0576-62-2124
入浴料:1,000円
営業時間:13:00~16:00
定休日:ー
駐車場:あり(無料)

混浴:1(渓谷露天風呂)
女湯:2(露天風呂、内湯)
男湯:2(露天風呂、内湯)

「濁河温泉」は、標高1800mに湧く温泉で、霊峰御嶽から湧き出る「湯の谷」と「草木の谷」が白糸の滝で合流すると濁ることからこの名が付けられましたとさ。(旅館御岳公式サイトの受売り

鄙びてなくって、立派なホテルだけど、ここ好き。
内湯、露天風呂も男女別のそれぞれあるけれど、ここはやっぱり渓谷露天風呂

実はもう十年以上前にお泊りできたことがあるのだ。

御嶽山の上の方に位置していて、2方向から来れるんだけど、一方はスキー場のコースに掛っているので、冬季通行止めになるので注意だよ。
あと、どちらの道も山道をクネクネ1時間弱は走るので覚悟のほどを

常連ワニ、居ない。 常連化できるような環境ではない
でも団体さんとか、もしかすると、にわかワニさんに変化するかも・・・
そんな時は、、 まぁ、いっか。と、思いましょ

P5257048
16:03到着 (立寄入浴受付は16時まで)

15時に伺いますと電話を入れ、15:50にぎりぎりになりそうですと、2度目の連絡。
フロントの方が「大丈夫ですので安全にお越しください」って。
ありがとう

P5257052
ニホンカモシカさんも迎えてくれるフロント

P5257053
Go Go 露天風呂へGo

P5257057
混浴

P5257059
ここでホテルの長靴に履き替え

P5257073

塩原温泉「湯守田中屋」さんに比べて難易度半分くらいだけど、結構な道のりです。

P5257266
結構怖いかも(吊り橋ほどではないけどね)

P5257096
年配のご夫婦とすれ違い

P5257214
脱衣場は男女別でーす

P5257198e

P5257182e

P5257161e

P5257113
男性が入ってこられ混浴
こんにちはー

P5257107e
この時間からの入浴はお泊りの方々・・・

が、次々に入ってこられ

男の中に~♫ 女がひとり~♪

状態になったの

(撮影部長が了解を得て撮影しています)


PrivateModeInfog


続きを読む

塩原温泉 「ゑびすや」 (元湯)4

00080

湯治の宿 ゑびすや 公式サイト (BGMがながれるので音量注意です)
2013年5月 立寄り入浴

栃木県那須塩原市湯本塩原153
TEL:0287-32-3221
入浴料:500円
営業時間:11:00~15:00
定休日:ー
駐車場:あり(無料)

混浴:1(内湯)
女湯:1(内湯)
男湯:0

大出館の近く、秘湯の宿 元泉館(未だ紹介出来ていない)の隣に位置します。

塩原温泉郷 湯めぐり手形対象外だけど、ここも良い!わたしの好きなタイプの温泉です。

元湯温泉は平安初期 承和元年(834年)僧空海によって発見されたと伝えられるそう(ゑびすやさんのサイト情報の受売り)で、塩原温泉最古の湯「梶原の湯」を素に胃腸薬も作られていた、たいそうありがたい温泉なのだ。

土日・祝日はいっぱいな様子なので、立寄り受付開始時間11:00に訪れました。
実は11時前だったのですが、女将さんが快く受付てくださいました。
お宿のご主人はまだシャンプーや石鹸の補充中。ゴメンナサイ
撮影部長の大きなカメラとポーズ指示で、取材の方ですか?って間違われちゃった。

ワニ、居ない。休日常連さんは居る様子
もしかすると、大出館の時の様ににわかワニさん(無言凝視等)に変化するかも・・・
そんな時は、女湯を楽しめば大丈夫


00010
11時(前)家族連れの車が沢山来るけど、
すべて奥の「元泉館」に行くお客さんみたい。

00020
「こんにちは、立寄りでお湯頂いて良いですか?」

00030
まだ誰も入浴させていないそうです。

00040
混む前に写真 いっそげー

00060
すごい温泉成分

00290
それもそのはず、薬の素になるくらいだものね

00280
レトロな洗面台

00230
飲泉戴きまーす。 ウゲッ

00240
脱衣場は男女別にちゃんとあるよ

00160
女湯はこんな感じです。

00120
混浴風呂
後ろに見えるのが女湯から繋がる出入口(わたしが開放
女湯側から開けられ、開けても目隠しがちゃんとあります。

00110
二種類の温泉

00200
独泉だから、とれるポーズ


PrivateModeInfog


続きを読む
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ